平凡な大学生の就活~アナウンサーへの道~

リアルな就活を伝える。不器用な大学生のアナウンサーを目指す就活体験記です。

MENU

アナウンサーの年収 ほんとのところ・・・

 アナウンサーの年収・給料

 憧れの職業アナウンサー お給料も良いイメージがあります。人気キー局アナウンサーが、フリーになると更に稼ぐそうです。

アナウンサー職を3つのタイプに分け、お給料・年収を調査したいと思います。

 

 

キー局アナウンサー

キー局=フジテレビや日本テレビ、TBSなどの民間放送やNHKのことです

とても人気なキー局アナウンサー。倍率もとても高い。ほんの一握りしか、内定をもらうことはできません。有名人でも、アナウンサー試験落ちている方は大勢います。最近では、あのEXILEのメンバーの一人もアナウンサー試験を受けていたニュースが話題になりました。

 気になる初任給は23~25万程度。30歳を超えれば、年収1000万も不思議ではないそうです。あるキー局アナウンサーの情報では、自身が入社2年目で高額給料をもらい、驚いたそうです。

 私が見たTV番組では、キー局アナ時代で年収2000万近くもらっていたエピソードを話すアナウンサーを見ました。やはり、アナウンサーも社員とはいっても、実力や人気具合でお給料もだいぶ変わってくるのですね。

 まあ、給料は全体的にかなり高めです。

 

地方アナウンサー

 キー局のほかに、社員アナウンサーとなれば、地方アナウンサー。地方や地元で愛され、各県の顔ともいえる職種です。

キー局よりは、低くなることは予想できますが、やはりアナウンサー職とあって、年収は良い。500~1000万が相場だそうです。

 

フリーアナウンサー

 フリーアナウンサーは、その名の通りキー局や地方局の社員アナウンサーとして、仕事をするのではなく、独立したり事務所に所属したりして働きます。

実力と人気だけがお給料・年収を左右するので、売れている方と売れていない方でかなり幅があります。

キー局出のアナウンサーなどは、フリーになっても人気であればかなり高額のギャラが用意され、キー局時代の何倍になる方もいるんだそう。

逆に無名フリーアナウンサーは、なかなか仕事がもらえず、つらい生活をしている方もいます。

まとめ

アナウンサーといっても、働き方のタイプもあり、年収・お給料もバラバラです。

ただ、確実なのは人気があれば、それだけ相場も上がります。有名アナウンサーであれば、かなりの金額をもらっていると想像していいでしょう。