平凡な大学生の就活~アナウンサーへの道~

リアルな就活を伝える。不器用な大学生のアナウンサーを目指す就活体験記です。

MENU

業界研究入門 NHK (NHK社員の方のお話)

どーも。19才、川崎在住モンキーです。

記事の内容

 NHK社員の方が、大学に来てくださりNHKについての説明会を開いてくださいました。

 

 今回は説明会の内容をふまえ 感想や業界研究を述べます。

 

NHKと民放キー局との違い       知っとかないとダメな事

 

1 根本的な財源

 皆さん、お分かりだと思いますが、民放キー局はCM料などの広告収益で成り立っています。

 そのため、広告を少しでも多くの人に見てもらうために、視聴率はとても大事なのです。

 

  NHKの場合は、受信料で成り立っています。そのため、CMもありませんし、キー局に比べ、視聴率を気にする必要がないのです。

 番組が不人気のため、途中で打ち切りとなることもほとんどありません。

 

2 系列局をもたない

 

 日本各地にテレビ局があり、これらは地方局と呼ばれ、キー局系列が多いです。

 

 キー局があるのは、基本的に都心中心。キー局だけでは、地方の情報を網羅できません。

 そのため、各地方のテレビ局と協力し、日本中の情報を集めます。

 

イメージでいうと、キー局は 別の会社である各地方のテレビ局を傘下に入れている 感じです。

 また、各キー局はいろんな地方局と協力しているので、各都道府県に地方局が複数あります。

 

福島県を例にすると、

  • 福島中央テレビ(日本テレビ系列)
  • TUF テレビユー福島(TBS系列)
  • FTB 福島テレビ(フジテレビ系列)
  • KFB福島放送 (テレビ朝日系列)

 などです!

 

キー局の戦いは、地方テレビ局でも繰り広げられているのですね !。

 

 しかし、NHKは地方各地にNHK支社を置いています。NHKという1つの会社で全国を網羅しているのです。

 

そのため、全国ネットワークは民放に比べ、強いというメリットがあります。

 

 しかし、1つのデメリットとして 就職先が全国各地にあるということ。

日本の東から、西まで指示された場所に勤務・転勤する可能性があります。

 

 系列局に入社すれば、基本的に県内勤務なので、大変な転勤をしなくて住みます。

 

 

3 スポーツの放送量は比較にならない

 

 どういうことかと、いうと。スポーツの放映権を10として、

NHK:他の全ての局=5:5 

です。

 

 プロスポーツやオリンピック.甲子園など、NHKのスポーツ放送の多さは群を抜いています。

 

 

説明会で知った リード情報

次は、説明会に参加して新たに見つけた発見です。

 
4Kを越える8Kの試み

 最近話題の4K。4K対応と聞くと、先進的な感じがしますよね。

 ちなみに4Kとは、簡単に言うと画質が良くなるということです。

 

私たちの日常的に使うテレビや携帯などは、基本的に2Kです。

4Kになると、2Kの4倍画質が良くなります!

 

充分良い画質だと思いますが、

NHKではその上を越える8Kの開発をしています!

 

2kの16倍にあたる画質だそうです

8Kはだいたいお祭りの人混みで、一人一人の顔が認識できるレベルということ。

 

やばいですね・・・。

 

AD(アシスタントディレクター)いない

 

ADって良く聞きますよね。ディレクターになる前に、アシスタントとして活動する方。

 

民放局だと、段階を踏んでいって、役職が上がっていくイメージです。

 

しかし、NHKにはADはいません。入社すれば、もう一人前のディレクターです。

 

当然 、企画 取材 撮影 一連のながれを担当します。

 

即戦力を求められるのです。

 

感想

 

知らないことが、記事にできないくらいありました。企業研究がいかに大切であるかを感じられました。

 

 面接のときに、

受験者「○○がしたいです!」

 

面接官「もうやってるけど? 知らないの?」

 

はい。一発で終わりです。

 

みなさんも企業研究は念入りに。

学生ブロガーのモンキーでした。